シロアリ駆除やシロアリ対策、バルコニーや屋根などのFRP防水、塗装工事など。住ケン三重はお客様のホームドクターとしてあらゆるニーズにお応えします。

シロアリ駆除工事の流れ

調査から施工、メンテナンスまで一貫したサービスでお客様に安心の住環境をご提供します。

既設シロアリ駆除工事の施工手順

1. 床下進入口の確保

床下進入口の確保床下点検口より進入させて頂きます。床下点検口が無い場合には、和室の畳をめくり、床板を切って進入口を設けます。
※床下点検口が無く和室も無い場合は、別途、床下点検口の設置が必要です。

2. 床下土壌処理

床下点検口より進入させて頂きます。床下が土、コンクリートに関わらず、床下の基礎廻りに薬剤を散布します。

  • 床下が土の場合の土壌処理床下が土の場合
  • 床下がコンクリートの場合の土壌処理床下がコンクリートの場合

3. 床下木部処理

床下点検口より進入させて頂きます。土台、大引き、床束、根太、等の床下で使われている木材全てに薬剤を吹き付けます。ただし、既に被害が発生している場合は、木材に穴を開け、被害の内部まで薬剤を注入浸透させます。
※被害状況に応じて施工方法は異なります。

  • 被害が無い場合の床下木部処理被害が無い場合は、木材の表面に
    薬剤を吹き付けます。
  • 被害がある場合の床下木部処理被害がある場合は、木材に穴を開け、
    中まで薬を注入します。

4. 木部穿孔注入処理

玄関や勝手口で、ドア枠の木材がコンクリート及びタイル面に埋まっている場合は、その木部の根元に約4~6mm程度の穴をあけ、薬剤を注入します。その後、木栓にて穴は補修致します。

  • 木部穿孔処理穿孔処理
  • 木部注入処理注入処理

5. 土間穿孔注入処理

玄関土間、玄関ポーチ、勝手口土間等の土間部分は、床下からの散布が不可能なため、タイル面の場合は、目地部分に4~6mmの穴をあけ、薬剤を注入します。モルタル土間の場合も、同様の大きさの穴をあけ、薬剤を注入します。その後、モルタルにて穴は補修致します。

  • 土間部穿孔処理穿孔処理
  • 土間部注入処理注入処理

6. 壁面穿孔注入処理

玄関内の壁面、袖壁、ポーチ柱の壁面等、床下から薬剤の散布が不可能な箇所においては、壁面に約3~5mm程の穴をあけて、壁内に薬剤を注入します。その後、木栓にて補修を致します。

  • 壁面部穿孔処理穿孔処理
  • 壁面部注入処理注入処理

お気軽にお問い合わせください TEL 059-238-1611 営業時間 8:00 - 19:00 [ 日・祝日除く ]

シロアリ駆除・対策についての詳細情報はこちらから
FRP防水・塗装工事についての詳細情報はこちらから

ご相談・お見積もりなどお問い合わせはこちらから

株式会社 住ケン三重

■本社
〒514-0817
三重県津市高茶屋小森町1707-456
TEL:059-238-1611
FAX:059-238-1622

■名古屋支店
〒459-8001
名古屋市緑区大高町字寅新田43-1
TEL:052-829-0877
FAX:052-829-0888

定休日
日曜・祝日

事業エリア
三重県内・愛知県西部

リフォーム情報(外部サイト)

PAGETOP
Copyright © 株式会社 住ケン三重 All Rights Reserved.